社員インタビュー

代表の人物像や会社について社員目線でインタビューしてみました!

須田英恵

2021年入社

須田英恵

困っている時に助けてくれる先輩・仲間がいる

困ったことや分からない事にきちんと回答を得られる環境が整っている。
今までの経験上「○○だと思う、、、」や「正解は1つじゃないから」等はぐらかされ、
はっきりしないまま何処に問い合わせたら良いのか、
自分でも分からないままで終わってしまっていることがよくありましたが、
マロー・サウンズ・カンパニーでは社長をはじめ、
管理者や先輩方が最後まできちんと話を聞いてくれ、手助けしてもらえるのでとてもありがたく感じています。

メッセージ

漠然とした不安や疑問はすぐ解決できるし、勤務体制・休みがきちんと管理されていて働きやすい環境です。
近隣の各事業所とのお付き合いも良好でサービスを利用する際にはとてもスムーズで導入しやすいです。
私は初心者同様で入社し、ICTを活かし仕事を進めるということにかなり不安がありましたが
今では2倍近くの件数を持ち、一連の業務が回せたことに自分でも驚いています。
ケアマネジャーとして働くなら、ダイバーシティで間違いないです。

永峰 知子

永峰 知子

2022年入社

ストレスフリーな環境がここにあります

一人ひとりを信頼し仕事を任せてくれるところ。また、失敗をしても決して責めることなく、フォローし合える環境にあるところです。そのため、職場ではストレスフリーです。
ケースに悩んだ時も複数のケアマネージャーが在籍しているため気軽に相談ができ、適切なアドバイスをもらえるため、モチベーションも維持できます。

また、一人一台、社用携帯電話を所持しており、利用者や事業所のやり取りは直接行うため、他のケアマネージャーのケースの対応をすることもされることもなく、自身のケアマネ業務に専念できます。

メッセージ

ケアマネージャー未経験の方も、ケアマネ業務を一から丁寧に学ぶことができるサポート体制が整っています。専門知識のみならず、人間性の優れたスタッフが揃っており、入職された方を仲間の一員として迎え入れ、伸び伸びと業務が行える明るい職場です。
転職をお考えの経験を積まれた方はもとより、未経験の方も更なる高みを目指し、ケアマネとして共にお仕事できましたら幸いです。

堀 健二

2016年入社

堀 健二

誰もが舌をまく驚きの発想力と行動力

管理者として事業所全体の運営をしていく中で、ある程度裁量を持って仕事をさせてもらえるところ。その中で頑張った部分はしっかりと認めてもらえる。そんな仕事環境に充実感を感じています。会社の印象はと言えば、代表である田中社長は、天才?それとも宇宙?と思うくらいに驚くほど発想力が豊かな方です。
行動力もそうですが、何と言っても何でも答えてくれて見守られている安心感があります。それがマロー・サウンズ・カンパニーの最大の特徴かも知れません。

メッセージ

人に感謝される仕事。そしてその感謝が直接伝わって来た時にやりがいを感じられる仕事です。これからケアマネジャーを目指す人たちには是非その感覚を味わっていただきたい。
マロー・サウンズ・カンパニーには未経験者でも本来あるべきケアマネジャーとして成長できるどこにも負けない環境、研修制度があります。あなたがやりたい介護サービスを、この会社で実現させてみませんか。事業所のスタッフ全員でお待ちしています。