代表メッセージ

マロー・サウンズ・カンパニーのこれから

株式会社マロー・サウンズ・カンパニー

代表取締役 田中 紘太

代表取締役 田中 紘太
創業への想い

創業への想い

ケアマネジャーとしての質の向上、利用者様本位のケアプラン作成。ケアマネジャーとしての本来のあり方や当社の取り組みについて多くの人々に知っていただきたい。

そんな思いでマロー・サウンズ・カンパニーを立ち上げました。一人でも多く、ケアマネジャーとして私たちが考える〈本来の価値〉〈本当の働き方〉を知っていただければ幸いです。

事業所運営へのこだわり

現在、約90%の居宅介護支援事業所は併設サービスがあり、当社のような単独型の居宅介護支援事業所は10%程度であると厚生労働省報告の報告で上がっています。

そんな中、当社が事業所数では圧倒的に少ない単独型の居宅介護支援事業所を選んでいる最大の理由は、利用者様の意向に沿い公正中立なケアマネジメントを実践するためです。

利用者様やケアマネジャーにとって自由度が高い環境。そして、お互いにメリットと恩恵を感じられる環境づくりを実践しています。

事業所運営へのこだわり
今後の取り組みについて

今後の取り組みについて

ケアマネジャーが資格を取得して一人前になれるまでしっかりとした研修が受けられる土台を継続して作っていきたいと思っています。

現在、当社にある教育プランを踏まえ、行政側から発信された内容を紐解いて伝え、適正なケアマネジャーを育成していく。それが私自身と当社の目標です。その第一歩としてケアマネジャーになるために段階的に学ぶことが出来る動画配信を始めました。

利用者様が安心して介護支援を受けられるために。そして、ケアマネジャーとして働きやすい環境を提供していくために、マロー・サウンズ・カンパニーは、〈ケアマネジャーの質〉にこだわり育成と情報発信の先頭に立って実践していきたいと考えています。